私たちのビジョン、ミッション、クレド

Our Mission, Vision, Credo

【 H.S.P 企業理念 】

私達の全ての中心はお客様です
“お客様と共に 時代の先を読み 前進する”
を企業理念としています

誰もが挑戦者であり続けることができる
世の中を創る

挑戦を止めない、止めさせない
挑戦者を「励まし」、「共に挑戦し」、
「諦めさせない」ことで
新たな価値を創造する

お客様に執着する

私達の目標は「お客様を感動させること」です。
お客様の為を深く想い、お客様の想像を超え、お客様を成功させることに執着します。

仲間をリスペクトする

私達は自分達の尊敬できる仲間と互いに対等な関係で働くことに喜びを感じます。
そのような仲間達が働きやすく、最大のパフォーマンスを発揮できる環境を作ることにこだわります。

信念を持ってコミットする

私達は、各々が自分の信念を持ち、立場や職位、職務内容を問わず、賛成できない場合には敬意をもって異議を唱えることを重視します。
異議を唱えることが面倒で労力を要することであっても容易に諦めず、安易に妥協して馴れ合うことはしません。
しかし、いざ決定がなされたら、その決定に対して敬意を持ち、全面的にコミットして取り組みます。

QCTを考える

私達は、Quality、Cost、Timeのすべてを満たして事業を進めることはできず、どのような場合においてもどれかを犠牲にしなければならないことを深く理解しています。
社内外を問わず、関係者の意図を汲み取り、常にQCTのどれを捨てるのかを意思決定し、それを意識して動きます。
また、その意思決定を関係者に理解してもらうための努力を惜しみません。

手の届く範囲で試す

私達は、最初必ず小さく始め、手の届く範囲で実験し、問題が大きくなる前に解決を図ります。
小さくて上手く行かないものは大きくしても上手くいかず、アナログで上手く行かないものはデジタルでも上手く行かないことを私達は知っています。
手の届く範囲での手触り感を重要視し、必ず確認をして物事を進めます。

質素倹約の精神を持つ

私達は、質素倹約の精神を重んじ、より少ないリソースでより多くのことを実現することに誇りを持っています。
倹約の精神は創意工夫、自立心、発明を育む源になるので、スタッフの人数、予算、固定費は多ければ良いというものではありません。
必要な場合には積極的に投資しますが、必要の無い場合には徹底的にコストを削減します。

最高の人材を雇い、切磋琢磨する

私達は、組織として進化していくことの重要性を理解し、そのために個々人は貪欲に成長するための努力を惜しみません。
採用においては、常にまだ組織には無い能力や特性を持った個性ある人間を厳選することにこだわり、パフォーマンスの基準を引き上げ続けます。
優れた才能を持つ人材を見極め、組織全体のために進んで人材を活用することを通じて、自分の能力も引き上げていきます。

仲間のミスを許容する

私達は、人間は間違える生き物であることを理解し、挑戦する気持ちを止めないためにも他者のミスを許容します。
発生したミスやそこから生じた短期的な損失から常に学ぶことを忘れず、間違えを糧にして前に進むことのできる環境や仕組みを作ることにこだわります。
一方で、前のめりにミスを犯すことは信用を失いませんが、後ろ向きにミスを犯すことは信用を失うことであることを理解し、小さなリスクを取ることを怖がりません。

仲間の「好き」を大切にする

私達は、人間は誰しも「好き」であることが強烈な原動力になることを知っています。
仲間同士の「好き」に対して興味を持ち、学び合うことで互いの特性の理解を深め、そのことを糧に更に自分の「好き」を加速させていきます。
また、「好き」を尊重すると同時に、「嫌い」を強要しないことで仲間同士の良い関係を高い状態で維持し続けることを大切にします。

会社概要

Corporate

株式会社H.S.P
H.S.P Co. Ltd.

所在地

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-5-11 元赤坂マンション601
設立 令和元年5月
資本金 1,111万円
電話番号 03-6434-9659 [営業時間:10時~17時]
代表取締役社長 幸村実鈴
取締役副社長 吉岡忠祐
取締役 山田源(公認会計士 元有限責任監査法人トーマツ)
社外取締役 瀬戸山正二(元オリンピック日本代表監督)
社外取締役 田中重徳(元日経BP)
特別顧問 井上幸彦(第80第警視総監)
第80代警視総監。オウム真理教事件の捜査で名を馳せる。

日韓合同開催ワールドカップなど国内の重要イベントでは
警備を通して危機管理強化に貢献。

多数の著名な企業や団体の顧問、役員を務める。
法律顧問 山下江(弁護士)
中四国最大級の弁護士法人山下江法律事務所代表。
東京虎ノ門オフィスでは、企業法務・相続を中心に業務を行っている。

ベンチャー支援のNPO法人広島経済活性化推進倶楽部理事長など
社会貢献活動に多数取り組んでいる。
元広島弁護士会副会長。
顧問 中野慶太(三井住友海上火災保険株式会社 最年少独立記録保持者)
1992年4月三井海上火災保険株式会社※現三井住友海上火災保険株式会社に研修生として入社。

同時にオリックスオマハ生命。※現オリックス生命代理店登録。

全国トップの成績をあげ、1994年4月の22歳で三井住友海上火災保険株式会社最年少記録にて独立。

※最年少独立記録は現在も保持し、無借金経営にて7つの会社を経営後、30歳でビジネスを卒業。

依頼により若手経営者の営業力アップを支援するなど、若手育成にも取り組む。
顧問 金子悟(元内閣官房) 内閣府・内閣官房にて、重要政策に伴う組織立上げや運営管理業務、
霞ヶ関官僚人事等を経験し、フリーランスとして独立。

組織構築、組織運営、人材育成、人材配置等の社内整備を得意とし、
強くしなやかで働きやすい環境作りをサポートしている。
顧問 阿部弘之(早稲田大学客員教授) 松下政経塾3期生、城西国際大学大学院経営学修士(MBA)、
千葉商科大学大学院政策研究博士(PhD)。

不動産業を中心に多種多様な企業経営や資産運用に携わる一方で、
政財界に渡る幅広い人脈を元に多くの経営者を支援。